三国群英伝プレイ日記 「伍話:転職と放置にまつわるエトセトラ。の巻」

毎日配信!オンラインゲーム専門ニュースサイト |

オンラインゲームネットワーク

三国群英伝プレイ日記 「伍話:転職と放置にまつわるエトセトラ。の巻」

20090807_sgonlinediary150.JPG今回、このへっぽこ軍師たる私も、8人の兵士を運用できるようになりました。ソレを記念して、今回のお写真は「兵士8人と共に戦う私」の図だったのですが...。兵士をたくさん入れると絵面が全体的に小さくなりすぎてよく分からなくなりましたッ! しかし敢えて掲載です。日記だから出来る暴挙を繰り返す私ですが、実はいつツッコミが入るか毎回ドキドキ。それはさておき、今回は兵士を増やしたり兵士を転職させたり兵士で放置プレイしたりと、兵士づくしでお送りしたかったです! ...すいません、最初は前回やり残したクエストの消化からです。

・タイトルに反しまして、最初はまだまだ任務まみれだったりします。

 こんにちは。ある程度任務をこなす事で貧乏からは辛うじて脱出できたと思われるゆりあんです。
 しかし、まだまだ資金が潤沢にあるわけではありません。ですので、まだまだ任務に励む日々だったりします。タイトルの事柄は後半になりますので、前半は「前回の続き」的に読んで頂ければ幸いです。

 今回は、前回のプレイ日記で書き忘れていました、上庸の「木こり・郭樺」(322,17付近)から依頼された「解毒草15本の収集」からスタートです。

20090807_sgonlinediary001.JPG 20090807_sgonlinediary003.JPG

 解毒草は、確か蛇がドロップしたな、と言う記憶をたどり、上庸西境でひたすら青蛇を狩ります。まだまだ修行不足の義勇兵達にとっても良い修練となったようで、何回かレベルアップしております。

 また、成都に戻り、繰り返し可能な任務と等級不足で受けられなかった任務を確認。

20090807_sgonlinediary007.JPG 20090807_sgonlinediary012.JPG

 パンダ王からの依頼は、ログイン時間で1時間ごと、高柔からの依頼は、ログイン時間で24時間ごとに受けられるようです。両依頼ともに、この時点ではムリでした。 もっとも、パンダ王からの依頼がムリだったのは、受けられる時にこまめにこなし、小銭を稼いでいたためですけど...。

20090807_sgonlinediary015.JPG 20090807_sgonlinediary016.JPG 20090807_sgonlinediary017.JPG

 また、等級20必要と言われた「桃ちゃん」(364,29付近)の依頼を受けてみました。上庸の友人に花を届けて欲しいとの事なので、

20090807_sgonlinediary023.JPG20090807_sgonlinediary024.JPG 早速(適度に敵を狩りながら)上庸に向かいました。途中敵からのドロップで「檀木剣」を入手しましたので、とりあえず装備してみます。この武器、1撃ごとの攻撃力は弱いですが攻撃速度がやたら速く、トータルの体感ダメージはこちらの方が高く感じましたので、しばらく装備する事に。

20090807_sgonlinediary026.JPG 20090807_sgonlinediary027.JPG 20090807_sgonlinediary028.JPG 20090807_sgonlinediary030.JPG

 途中、上庸城門付近で「行商人・鍾利」(795,33付近)に話しかけると、手紙の運搬を依頼されます。丁度ドロップ品と頼まれたお届け物と一時的に引っ込めた兵士で鞄の中身がいっぱいになっていたため受けられなかったりと軽いトラブルはありましたが、無事に受注。

20090807_sgonlinediary032.JPG 上庸に入ったら「桜ちゃん」(117,13付近)にお花を届けます。すると、桃ちゃんへの伝言を頼まれてしまいました。先の行商人の件もありますし、とんぼ返り確定ですね。
 

20090807_sgonlinediary034.JPG 20090807_sgonlinediary035.JPG 

 せっかくなので、上庸を離れる前に「木こり・郭樺」に解毒草を渡し、 兵器商店で青銅剣を購入後、関平(364,15付近)に話しかけて「点穴」の修行に入る事といたしました。

20090807_sgonlinediary036.JPG 20090807_sgonlinediary037.JPG 20090807_sgonlinediary038.JPG

 剣を装備して話しかけたら30枚の麻布を求められましたので...。

20090807_sgonlinediary041.JPG20090807_sgonlinediary039.JPG 倉庫に立ち寄り、麻布を取り出します。
 そう、最近ようやく使い始めたのですよ、倉庫。流石に数百両しかなかった頃は30両の支払いもためらわれたのですが、最近は流石に少しお金が増えて参りまして、特に任務で必要そうなアイテムは倉庫にストックしておくようにしています。

20090807_sgonlinediary043.JPG 20090807_sgonlinediary044.JPG 20090807_sgonlinediary045.JPG 20090807_sgonlinediary046.JPG

20090807_sgonlinediary047.JPG

 麻布を持って関平に話しかけると、この任務は終了となり、無事に必殺技「点穴」を入手出来ました。
 この技は、短兵武器、つまり今持っているような剣類などで使える技のようですね。眩暈を起こす効果があるらしいですが...。とりあえず1つ階級を上げておきます。

20090807_sgonlinediary051.JPG20090807_sgonlinediary052.JPG 上庸で一通り任務の受注、消化を終えたら「旅館」にて「転送」してもらう事に。うーん。300両が痛くない! ビバ・お金!

20090807_sgonlinediary055.JPG 成都に戻りましたら、まず行商人の妻を捜します。「鐘婦人」(16,40付近)がどうやら奥さんのようで、話しかけると......また伝言をお願いされてしまいました。上庸にとんぼ返りです。

20090807_sgonlinediary057.JPG 20090807_sgonlinediary058.JPG

 気を取り直して、桃ちゃんに話しかけますと、こちらは無事に任務終了となりました。お金は貰えませんでしたが、なんと、以前にご紹介しました「砕銀」をゲットできたじゃあーりませんか!

20090807_sgonlinediary059.JPG 20090807_sgonlinediary060.JPG

 以前も少し説明しましたが、これは「兵士に使う事で忠誠度を上げる事の出来る」アイテム。と言うわけで、早速忠誠が逃亡のボーダーラインを遙かに下回っている義勇兵に投与してみました。
 効果は抜群。一瞬にして忠誠が5ポイント上昇です。この調子でじわりじわりと忠誠をあげなければ。

20090807_sgonlinediary062.JPG そして、任務をまめにこなす事で、小金を得た私が次にした事と言えば...。

 兵士大増員。一挙に軍師のキャパシティ限界の8人まで兵士を増やしてみました!

20090807_sgonlinediary064.JPG とりあえず綿竹に連れて行き、10前後までレベルを上げた後、

20090807_sgonlinediary075.JPG20090807_sgonlinediary077.JPG 上庸に飛んで
 (ついでに復活点を上庸旅館に移動させて)

20090807_sgonlinediary079.JPG20090807_sgonlinediary080.JPG 上庸西境で兵士の等級上げ......の前に「行商人・鍾利」に話しかけて任務を終了させる事に。こちらはなんと、砕銀を5個も贈呈してくれまして...。
 これで先の連続死亡にて忠誠が下がってしまった兵士も、ばっちりリカバリーできました!

・ついに「放置狩り」デビューを果たしました!

 さて、気を取り直し、上庸西境の城門内側で、緑髪女・ヤクザ・不良などを倒していきます。
 ここでやっと今回の本題に入りまして!

20090807_sgonlinediary081.JPG

 私、初めての「放置狩り」を試してみました。放置狩りというのは、文字通り、自分では攻撃せずに兵士に攻撃させる事で「完全放置状態で敵を倒し続ける事」であります。
 今回は、陣形を「方円の陣」として兵士は自分の周囲に配置、命令は敵を自動的に攻撃する「攻撃」にセット。近寄る敵は全て滅ぼす構えです。
 敵のチョイスにつきましては、前の日記でも書きましたように、ここら辺の敵は全員転職令を落とす可能性があります。即ち「転職令」狙いであります。何でも良いから一枚、とにかく手に入れたいところ。
 ちなみに今回は、等級の上がりすぎている初代義勇兵は戦線より外し、7人で狩りました。敵も大して強くもなかったですし。

20090807_sgonlinediary082.JPG 20090807_sgonlinediary083.JPG 20090807_sgonlinediary084.JPG

 しばらくの放置後、ちょこっと様子を見てみます。すると、何やらアイテムが増えております。陶器、匕首などに混じって、書生扇、法杖、屈刀と武器名が並びます。

20090807_sgonlinediary086.JPG 20090807_sgonlinediary087.JPG

 とりあえず、杖は錫杖を長らく振るっていたため飽きておりましたので、屈刀と書生扇を装備してみました。特に扇は良いですね。どことなく軍師風味です。
 しかし、残念ながら「転職令」は0。

 他の要らないモノは全て売り払いますと、これがけっこうなお金に! なるほど、このゲームは「放置狩りをして敵のドロップ品をしこたま溜め込み、それを店に売る事でお金を稼ぐ」方法がお金稼ぎのメインストリームなのかも知れません。兵士の忠誠度も上がるし、自身や兵士の等級も上がる、一石三鳥のすばらしい方法です。

20090807_sgonlinediary091.JPG

 と言うわけで、貯まったお金で武将技を2つほど購入しまして、

 次はより強い敵のいる「房陵」へ移動します。こういうのはセオリーとして強い敵ほどよく落とすモノです。とりあえず1枚、まず1枚!

20090807_sgonlinediary095.JPG と意気込んでおりましたが、様子見のため命令を「攻撃」にセットした後、移動しながら何回か戦っていく内、兵士が一人、あっけなく死亡...。

 まだ、新たに雇った4人の兵士が、かなり弱いようです。自動で狩らせると、弱い義勇兵も容赦なく敵に突っ込み、結果負けてしまう。そんな雰囲気でした。
 特にここの山賊どもは、周囲に同系列の敵がいると共謀して襲ってくる、即ちAdd(某国産MMO風に言うなればリンク)してしまう性質のため、こちらの回復が間に合わないほど瞬時にやられてしまったようです。

20090807_sgonlinediary096.JPG 20090807_sgonlinediary097.JPG

 仕方ないので上庸に戻り、上庸西境にて先と同じように放置狩りを行う事に。
 もうここでやられるような兵士は1人も居ないので、陣型を「魚鱗の陣」にした上で端々にまで兵士を配置し、より広範囲の敵が拾えるようにしてみました。効果は上々。兵士の敵感知範囲の仕様からか、全兵士が攻撃を仕掛けないようなケースが見られるようになりましたが、敵の撃破数は確実に増えたと思います。

・ねんがんの 「転職令」を てにいれたぞ!

20090807_sgonlinediary098.JPG 少し時間をおきまして覗いたところ、所持品欄に何か紙切れが!
 ......しかしこれは命中強化法、つまり精錬のレシピのようです。後ほど使っておきましょう。

20090807_sgonlinediary099.JPG

 さらに時間を経過させた後、所持品欄を覗いてみると......。
 今度こそ来ました! 「朴刀兵転職令」......間違い有りません、転職令の1つです。
 調べましたところ、朴刀兵というのは攻撃力は弱めですが守りの堅い兵であるとのこと。即ち他MMO風に言うなれば黄金の鉄の塊タンクと呼ばれるポジションなのでしょうか。なんにせよ義勇兵より強いのは確かなはずです。

20090807_sgonlinediary100.JPG しかしここで一つの問題が発生。しばらく放置を続けていますと、経験は入るがアイテムが一切手に入らないという事態に陥ってしまいました。これは、私の許容重量限界までアイテムを入手してしまったために発生した現象のようです。よくよく見るとチャットウィンドウ上側に重量オーバーを示すアイコンが表示されているのですが、なにせ放置狩りなので、そのような表示には一切気づきませんでした。
 他ゲームのように「重量超えたら動けなくなる」という不親切設計ではなく、この状態でも移動可能ですが、やはりアイテムが手に入らないのは寂しいですね。お金も稼げないわけですし。
 放置狩りをする前は、手持ちのアイテムを極力減らした方が良いようです。

20090807_sgonlinediary103.JPG  20090807_sgonlinediary105.JPG

 さて、アイテムを売りさばいて重量を軽くし、ついでに「命中強化法」を使ってみました。使用時はログにメッセージが出るだけでしたが、システムメニューの「精錬」をクリックしますと、使用した「命中強化法」が登録されてまして、習得を確認出来ました。こちらも追々試していきたいかとは思います。

 さて、色々やって気を取り直したら、再び転職令入手の旅を続けます。1つ出てしまうと欲が出てしまうモノ。もう1枚、もう1種類と欲しくなってしまうのが人情。と言うわけで、またまたやって参りました房陵へ。義勇兵達も先に比べて強くなっていますし、放置狩りじゃなければどうにかなるかな、なんて思ったのですが...。

20090807_sgonlinediary109.JPG 20090807_sgonlinediary110.JPG
意外とあっけなく、義勇兵の一人が戦死してしまいました。

 分かりました。分かりましたよ。我が軍には何よりも、強さが足りない。
 つまり、もうすでに転職による兵士戦力の底上げが「必須」とも言える段階に到達しているのです。即ち、ここで私が取る行動はただ一つ。

20090807_sgonlinediary111.JPG 20090807_sgonlinediary112.JPG 20090807_sgonlinediary114.JPG
転職実行!
私は「朴刀兵転職令」を墓地に送り、「朴刀兵」を所持品欄に特殊召喚!

 と、冗談はさておき。出来ればもう少し考えてから、手札ならぬ転職令を集めてから総合的に判断したかったのですけどね。と言いますのも、一度転職をしてしまうと、その職種の上位職への転職以外は出来なくなってしまうのです。朴刀兵になってしまうと、騎兵や弓兵には成れないという事ですね。
 ちなみに、ご覧の通り、転職は兵営にて行います。蘇生同様、転職させる兵士は右クリックで「所持品」に戻しておく必要が有りますので、あらかじめ行っておきましょう。
 また、女義勇兵と義勇兵では就ける職業がそれぞれ異なります。女義勇兵には女義勇兵専用の転職令が必要という事ですね。

義勇兵:朴刀兵・槍兵・騎兵・弓兵・剣兵・蛮兵
女義勇兵:軽歩兵・女騎兵・踊子

20090807_sgonlinediary115.JPG

 さて、早速できたての朴刀兵を確認してみますと、防御力を中心に色々数値が跳ね上がっています。
 
この朴刀兵すごいよ! さすが義勇兵の上位職! これは頼れそうだ! と判断した私は、

20090807_sgonlinediary118.JPG 三度、房陵へ移動し、転職令を求める事に。
 「一人くらい転職させただけで大丈夫なのか」とも思いましたが、いざ狩りはじめてみると、朴刀兵が高い攻撃力でターゲットを引き寄せ、しかも受けるダメージは少なめ、結果として上手く狩れるようになった。と、思われます。一緒に攻撃していたので半分くらいは私がターゲットを取っていたのですが、それでも先の房陵ではすぐさま義勇兵が死にましたので、やはり朴刀兵の力はすばらしい、と言えるかと。
 とにかく狩れる事が分かったので、各種倍増符を使い、どんどん敵を倒していきます。

20090807_sgonlinediary119.JPG20090807_sgonlinediary126.JPG 新しくて強そうな剣「呉鉤」や山賊刀兵より2枚目の「朴刀兵転職令」等を入手しつつ、順調に敵を倒し、エリア端に到達。

20090807_sgonlinediary132.JPG20090807_sgonlinediary133.JPG 思い切ってエリア移動し、房陵場内へ。
 敵は「謀反弓兵」や「逃亡兵」などに変化しましたが、強さは山賊と大差なしでしょうか。

20090807_sgonlinediary140.JPG 20090807_sgonlinediary141.JPG 20090807_sgonlinediary142.JPG

 各種倍増府が切れたところで、思い出したかのように「中郎将・朱儁」(94,16付近)を尋ね、山賊銅銭50枚を渡します。お礼は包子30個とお金ではなく残念。
 しかし、続けて話しかけますと、もう一つ任務を頼まれましたので、金銭的なモノはこちらに期待しましょう。必要なアイテムをドロップすると言う逃亡兵の居場所も分かっていますしね...。

 またまた上庸に戻った私は、次こそは、の想いを胸に、上庸西境で放置狩りを敢行します。今回は1晩放置と、本格的にやってみました。

20090807_sgonlinediary148.JPG

 朝起きて、所持品を見ますと、なんと軽歩兵転職令が2つも!
 ついに女義勇兵も転職できるようになりました!
 しかしここで考えます。安易に転職させてしまって良いのか...。と言いますのも、女義勇兵には「踊子」という体力回復が可能な素敵職業がありまして、出来ればこの「踊子」を2人は欲しいかな? 等と考えているのです。

 「逆に考えるんだ。『2人が踊子なら、3人居る女義勇兵のうち1人は軽歩兵にしてしまっても良い』そう考えるんだ」
 ......あ、頭に変な声が響いたと思った瞬間

20090807_sgonlinediary149.JPG

 思わず転職させていました! しかも朴刀兵ももう一人追加していました!
 この計画性皆無の転職計画、果たして吉と出るか、凶と出るか...!

??続??


・(追記)東華大仙からアイテムもらっちゃいました。

 実は等級21になった際、自由市場をうろついておりますと、「東華大仙」(48,22付近)なる人物より

20090807_sgonlinediary008.JPG

 このようなメッセージを頂きまして。
 アイテム欄を見ると、いつの間にやら

20090807_sgonlinediary010.JPG

 「20級文官ギフト」なるものが増えていました。
 どうやら、等級20になったお祝い、と言う事のようです。
 話を聞く限りでは、次は等級30でこのようなアイテムを頂ける様子。

 「20級文官ギフト」は使用するとランダムで武具が手に入るアイテムのようでして、私が使った時には、

20090807_sgonlinediary011.JPG

 防具になりました。せっかくなので愛用しています。

 三国群英伝のメンテナンス情報を見ますと、このNPCは2009年7/7に追加されたらしく、
 どうやら等級20?60の間、等級が10上がるごとにアイテムを頂けるようです。
 私のような武具を買う余裕がなかなかできない初心者には、なかなか嬉しいアイテムですので、是非もらっておく事をオススメします。

三国郡英伝ONLINE
大型アップデート「羅馬行軍」実施!ただいま初心者応援キャンペーン実施中!

??続??

三国群英伝 ONLINEへ
キーワードで探す
ゲームPC・ソフト通販
人気のゲーム記事