三国群英伝プレイ日記 「六話:踊子の転職令を求めて...。 の巻」

毎日配信!オンラインゲーム専門ニュースサイト |

オンラインゲームネットワーク

三国群英伝プレイ日記 「六話:踊子の転職令を求めて...。 の巻」

20090814_sgonlinediary169.JPG左の写真ですが、先週に引き続き、ちょっと無茶気味ですが今回の日記で盛り上がったシーンをピックアップしてみました。前回より寄り気味なので雰囲気は伝わって、いると嬉しいです。さて、今回のお題ですが、前回に引き続き転職令ネタですごめんなさい。で、でも、仕方がないんですよ。全然欲しい転職令が手に入らないわけですし、そうなると先に進めないわけで......後半にはボス狩りにも触れていますので、そこら辺で許しては頂けませんでしょうか?

・いきなり大乱闘!

 こんにちは。最近のマイブームは「ニ○ニ○動画」で「イタリアンス○イ○ー○ン」を見ることだったりするゆりあんです。これの何処が面白いかと申しますと......。おおっと、詳しく書いているとそれだけで日記が終わってしまいそうなので、とりあえず先に進めていきたいと思います。

 転職させた兵士も増え、だんだん「兵士を育てる事」の面白さが増加してきた昨今では有りましたが、一つだけ大きな懸念事項が。......そう、忠誠度が微妙に低いんですよね。今や40以下、という兵士は一人もいないんですけど、70に達しては死んで50台に、とか言うケースはまま有りまして。

 と言うわけで、今回は兵士忠誠度を上げる「砕銀」を求めて落鳳坡までやって参りました。色々ごにょごにょと調べていると、どうやらここに「砕銀」を入手出来る任務があるらしく...。

20090814_sgonlinediary002.JPG 20090814_sgonlinediary004.JPG 20090814_sgonlinediary005.JPG

 そう、この鍛冶屋です。お話を聞くと、武関の鉱夫にのみを届けて欲しいとの事。砕銀が貰えるならおやすいご用、と受諾しますが、

20090814_sgonlinediary007.JPG

 ......武関、結構遠いです。「宿屋」で転送もお願いできない位置です。とりあえず上庸までは楽をするとして、がんばって走るしかなさそうですね。

20090814_sgonlinediary008.JPG

 では、周囲に居る人々に話しかけてから上庸に戻るか、と歩き始めた矢先。画面右下より見慣れない人影が......。

20090814_sgonlinediary009.JPG 20090814_sgonlinediary011.JPG

 うおッ! いきなり襲いかかってきた! ボスです、ボス敵とその取り巻き達の急襲です。いきなり開始される大乱闘に若干パニック気味の私。しかも近くにはNPCのおばさんが!

20090814_sgonlinediary012.JPG 20090814_sgonlinediary013.JPG

 敵をクリックしようとすると、ついおばさんをクリックしてしまいます。 
 そして気づかぬ間に任務終了! 手持ちの陶器で事足りてしまったようです。

 さらに、任務に気を取られている内にボス敵も死亡。ボス敵には大量の取り巻きがついておりますが、ボスが倒れるとそいつらも全員倒れるようです

20090814_sgonlinediary014.JPG 20090814_sgonlinediary015.JPG

 そして勝利の雄叫び! ひゃっふー! カッコイー。でも、軍師っぽくはないですね。
 少し調べてみますと、今回のボス敵「成應」は、ボス敵の中でも一番弱い人だったようです。しかし、昔の私ならおそらく屠られていた事でしょう。兵士万歳!

20090814_sgonlinediary036.JPG 20090814_sgonlinediary037.JPG 20090814_sgonlinediary038.JPG

 さて、気を取り直して上庸へと進み、武関を目指して東進します。
 途中、気の向くままにはじめて見る赤大蛇や殺人狂を倒していきます。
 そして、ここにも居ました脱走兵! サクサク倒していきましょうかと思ったら...。

20090814_sgonlinediary039.JPG
ぴちゅーん!

 ボス敵の取り巻きでした......。しかもこの「蕭紹」、見た目が文官タイプだとナメてかかったらとんでもない強さです。まだまだ未熟すぎる自分を再認識。

 と、気を取り直して再び東進です。今度は「蕭紹」をスルーし、どんどん突っ走ります。ここで、実はこっそり覚えていた「軽身法」が大活躍。我が駄馬がかなりの早さでカッ飛び、あっという間に武関へ。

20090814_sgonlinediary043.JPG

 鉱夫の人は、武関に入ってすぐ(35,8付近)に居ました。話しかけると、落鳳坡の鍛冶屋への伝言を頼まれましたので...。

20090814_sgonlinediary045.JPG この日は時間も随分遅くなってしまったので、上庸に「千里転送」で戻った後、房陵に向かい、ここで放置狩りをしてみました。
 結果は1晩で等級25から27までアップ。さらに火炎矢製作法までゲットしてしまいました。しかし残念ながら転職令は0。

・相変わらず転職令で苦戦する私にまさかの救いの手が!

20090814_sgonlinediary053.JPG 翌日、プレイを再開し、早速鍛冶屋に報告。と、実はここに至る前、上庸西境から落鳳坡にエリアチェンジする場所の近くで、やたら強いボス敵に絡まれてしまいまして、兵士を大量に死なせてしまいました。
 砕銀を3つも頂きましたが、これは全て死んだ兵士への忠誠度補填のために使われたのでした...。

 重ね重ね、自分の弱さを痛感し、やはり転職を急がなければならないと心に決めた私。しかし狩れども狩れども我が欲する転職令は手に入らず。

20090814_sgonlinediary060.JPG 20090814_sgonlinediary062.JPG 20090814_sgonlinediary087.JPG

 仕方がないので、Ch1の自由市場に向かい、購入出来ないモノかと考えるも、基本的に義勇兵から転職させるための、いわゆる通称「二次令」と呼ばれるモノでも高い高い。特に私の求める踊子のモノなど買えるはずもなく、しょぼしょぼと自由市場を後にしました。

 と、そんな私に1通の密談が。実は先日、前に「黄泉路攻略」にてお世話になりました方より、匕首を500本ほど都合してくれないかというお話を頂いていたのです。
 恩を仇で返す趣味はさらさら無い私、丁度倉庫に500本ストックしてあった事もあり、「次時間の合う時にお渡しします」と快諾していたのです。

20090814_sgonlinediary069.JPG

 と言うわけで上庸にて待ち合わせをすることに。すいません、私が弱いので、先へと出張れないのです。先方様到着まで少し密談で話していたのですが、どうも踊子は相場が高いらしいです。どこかの軍団に所属して、頂いてしまうのも良いだろうという話でしたが...。

20090814_sgonlinediary072.JPG

 取引要請に応じ、500本の匕首を提示しますと、なんと転職令を、しかも踊子1に槍兵2の計3つもトレードしてくれたでは有りませんか。
 本来は、丁重にお断りするべきなのでしょうが、そろそろ戦力的にヤバくなってきている私、喜んでホイホイ受け取ってしまいました。しかもこの後、いくつかの防具まで頂いてしまい有り難い限り。
 さらに軍団へのお誘いも受けてしまいました。ネタ配分の都合上まだソロでやった方が良いと考えた私は、ここで即座に結論を出す事は保留させて頂きました。
 が。当方、社交辞令を真に受ける事で有名な男です。そのうちおそらくお邪魔させて頂く事になるかと思います。

20090814_sgonlinediary073.JPG

 と言うわけで、取引終了後は速攻で女義勇兵を踊子に・義勇兵2人を槍兵に転職!

20090814_sgonlinediary076.JPG 早速、もうすでに「いつもの」という定冠詞がつきそうな房陵で戦力チェックです。
 防御は薄めですが攻撃力に定評のある槍兵を2人も追加した事で、殲滅速度は恐ろしいまでに高まりました。
 そしてそれ以上に助かるのが、踊子の回復!
 兵士8人の体力マネージメントは、私一人ではかなり厳しいモノがあったのですが、踊子の自動回復によりその負担は激減です。

 しばらく房陵で狩った結果、戦力の明確な上昇を確認。自信をつけた私は、宿屋の転送で一気に新野の地に向かう事といたしました。......だって、フィールドに居座るボスが怖いんですもの。

・新都市でさらなる奇跡を巻き起こす!

20090814_sgonlinediary090.JPG

 新野についたら、まず西境に出まして、書店にて武将技を購入。今回は防御力の上がる「剛体法」をゲットです。

20090814_sgonlinediary093.JPG 20090814_sgonlinediary094.JPG 20090814_sgonlinediary096.JPG

 新野の西よりNPCに話しかけていきますと、最初に出会った狩人よりいきなり任務を頂きました。と言っても「山賊弓兵」などが大量にドロップした木の矢と鉄の矢を渡すだけの簡単なお仕事。加えて1200ポイントの技能点を支払えば「矢袋」なる技能を教えてくれるとか。
 速攻で渡しますと、すぐに教えてくれました。これを教えてもらいますと...。

入手前20090814_sgonlinediary112.jpg  20090814_sgonlinediary113.jpg入手後

 ご覧の通り、装備欄に「矢」を入れるためのスロットが1つ用意されます。250本までという所持品欄特有の制限から開放され、大量の矢をストックできるようになりました。スキルを上げれば数千本まで収容上限を増やせるようなので、弓矢使いには必須とも言えるスキルですね。私は......多分しばらくは「便利な矢収容場所」として使うでしょう。はい。滑稽な慢心者です。

20090814_sgonlinediary097.JPG 20090814_sgonlinediary098.JPG 20090814_sgonlinediary099.JPG

 次に会った「呉懿」からは、なんと新必殺技「斬鉄」が学べるようです! 期待に胸をふくらませて会話を進めます。が......。
 おーのー! 現時点では「猛将・豪傑」のみ習得可能でした!
 調べたところ、軍師も習得可能ではあるものの、等級50が必要で、さらに別の任務をこなさなければならないとの事。残念。

20090814_sgonlinediary102.JPG さて、気を取り直して、本題に入るために「新野東境」に出ます。
 そうです。転職令狩りです。ここには、上庸周辺にいた「緑毛女」の上位種とも言える「金髪女」が居るのです。緑毛が落とさないなら金髪から奪えばいいじゃない! と言う非常に単純な考えよりこちらでの放置狩りを決め込んだ私でしたが...。

20090814_sgonlinediary104.JPG
読みが大的中! 放置数時間であっけなく踊子転職令ゲットです!

20090814_sgonlinediary105.JPGもちろん、すぐに転職です。これで体力面もかなり強化されたはず...!

・そうだ。ボス狩りに行こう。

20090814_sgonlinediary115.JPG さて、軍勢も相当強化された事ですし......ボス狩りでもやってみよう!
 と、突発的に思い立った私。しかし、勝利時の雄叫びが「俺様」だと、ちょっと自分のイメージと合わないのですよね。と言うわけで、システム(Alt+X)より「雄叫び」を呼び出し、内容を変更します。とりあえず軍師を最大限にアピールする感じにしてみました。雄叫びの内容は色々間違っていますが、気にしないでください。

20090814_sgonlinediary119.JPG とりあえずこの辺のボスには勝てる気もしないので、まずは上庸まで引き返します。

20090814_sgonlinediary120.JPG 20090814_sgonlinediary122.JPG 20090814_sgonlinediary124.JPG

 そして上庸西境から落鳳坡へと移動しますと「青蘭」なるボスを発見。と言うか今回も半ば遭遇戦です。不用意に突っ込んでしまいました。
 さらに不用意にも、唯一残った義勇兵が青蘭のターゲットを取ってしまったため、こちらの回復回数がやたら増えてしまいまして、終盤になりますと技力がもうガタガタ。
 それでも何とか勝利しまして......。

20090814_sgonlinediary125.JPG

20090814_sgonlinediary126.JPG

 叫んでやりましたよ、ええ。雄叫びでも謙虚さを忘れない私です。

 と、この周囲にはもうすでにボス敵がいません。ここで私の取った行動は...。

20090814_sgonlinediary128.JPG 20090814_sgonlinediary129.JPG

 チャンネルを変えます。そう、ボス配置は「チャンネルごとに」異なっているんですよね。実はこういう事も、数度の密談で教えてもらっていました。ボスから逃げる際にも有効な手ですが、今回のようにボス狩りをしたい時にも有効でして...。

20090814_sgonlinediary130.JPG 20090814_sgonlinediary132.JPG

 成都東境にて、再び「青蘭」発見! 今回は取り巻きから丁寧に倒していき...。

20090814_sgonlinediary135.JPG 20090814_sgonlinediary137.JPG

 丸裸になった「青蘭」を集中攻撃。ターゲットも初期段階より朴刀兵がとってくれたようで、踊子の回復メインで簡単に撃破できました。

20090814_sgonlinediary138.JPG

 上庸西堺に引き返すと、さらにもう1人ボスの影が。「小釵」......なんかコイツにはやられた覚えがあります。雪辱戦とばかりに突貫!

 周囲の敵を出来るだけ減らしたところで戦闘開始。今回は私自らが敵のターゲットとなります。

20090814_sgonlinediary139.JPG 20090814_sgonlinediary140.JPG

 が、小釵が時折繰り出す範囲攻撃、これが痛すぎるのです。仲間を回復していると自分の回復が疎かになる体たらく。技力も底をつきかけ、ここは引くべきか、攻撃を続けるべきか?! 多少追い詰められてきましたが...。

20090814_sgonlinediary142.JPG

 ここでなんとか撃破! あぶなかった...。

20090814_sgonlinediary144.JPG 20090814_sgonlinediary145.JPG

 さらに上庸西堺を進んでいきますと「如花」なるボスが。少し調子ついた私は迷うことなく突進していきましたが......。
 あっという間に削られ、ご覧の有様。まだまだ、まだまだ修行が必要なようです。

20090814_sgonlinediary155.JPG20090814_sgonlinediary162.JPG その後、戦力強化のため、ウイークポイントであった唯一の義勇兵を転職させなければと判断。
 またまた房陵で山賊狩りです。
 放置狩りをしましたところ、槍兵の転職令が得られましたので早速転職。

20090814_sgonlinediary165.JPG20090814_sgonlinediary159.JPG さらに、放置終了後、あとわずかで等級30でしたので、適度に敵を狩って等級アップ。
 30になったという事で、東華大仙より「30級文官ギフト」を頂きました。
 開封結果は、等級35で着られる防具「大袖官袍」でした。着用できるようになるまで、しばらく保持しておきましょうか。

 さて、またまたお時間となってしまいましたので、本日はこの辺にて終了とさせて頂きます。
 次回は、まだまだ続くボス狩りの嵐と、その後に見えてきた問題点、そしてその解決方法を模索したりする予定です。
 ついに禁断の「アレ」も使ってしまうらしい......ですよ?

三国郡英伝ONLINE
大型アップデート「羅馬行軍」実施!ただいま初心者応援キャンペーン実施中!

??続??

三国群英伝 ONLINEへ
キーワードで探す
ゲームPC・ソフト通販
人気のゲーム記事