三国群英伝プレイ日記 「十三話:ローマ見聞録。の巻」

毎日配信!オンラインゲーム専門ニュースサイト |

オンラインゲームネットワーク

三国群英伝プレイ日記 「十三話:ローマ見聞録。の巻」

20091002_sgonlinediary045.JPGついに念願のローマ入りを果たした私。まあしかし、ここにたどり着くまで何回死んだ事か......。大砂漠にたどり着く前にボスに絡まれて死に、大砂漠ではボス蠍に襲われ死に、ボスでもないペルシャ兵に絡まれて死に、ようやくたどり着いたわけです。もう聞くも涙語るも涙の物語だったわけですが......。ローマに着いたら死ななくなると思ったら大間違い! 今回も結構たくさん死んでしまったらしいですよ? では、文字通り「命もいとわない」強行取材の成果をご覧ください。

・ローマ町並み拝見。

 こんにちは! ついにローマに到達でき、テンションも若干高めなゆりあんです。実は、よくお世話になっている人に「今ローマ目指してる」と言ってみましたところ、「それ、無理じゃね?」とあっさり言われてしまいまして。でも、たどり着いた今だから言えます。「かなり無理があった事は否めない、けど無理ではなかった」と。
 と言うわけで、今回はお約束通りローマの色々を紹介していきますよ!

 さて、前置きはこの辺にしまして、早速ローマ広場を散策していきましょうか。

20091002_sgonlinediary001.JPG

 ローマ広場に入りますと、まず最初に目に飛び込んできますのは綺麗な噴水と、3つのドームが印象的な神殿風の建物。おそらくは古代ローマを代表する神殿建築「パンテオン」かと思われます。

20091002_sgonlinediary002.JPG

 近づいてみますと、この建物、結構細かいところまで作り込んでありますね。

20091002_sgonlinediary003.JPG

 神殿風建物から東側へと進んでみますと、こちらもローマ神殿風の建物が。ここはどうやら倉庫のようですね。

20091002_sgonlinediary004.JPG 中に入ってみますと、ここはローマなので当然と言えば当然なのですが、ローマ人が出迎えてくれます。
 投げかける台詞は若干きつめですが、ちゃんと倉庫の機能は使わせてくれます。しかも「30両」と両替の必要もありません。意外と親切です。実はツンデレではないでしょうか、このおじいちゃん。

20091002_sgonlinediary005.JPG

 次に見えましたのは「羅馬市場」。果たして何が売っているのでしょうか。

20091002_sgonlinediary006.JPG 20091002_sgonlinediary007.JPG

 ...さすがローマ。ブドウにワインです。羅馬ワインの効果は「技力+120」とかなりのモノですが、いかんせんお値段が高すぎなので購入を断念しました。

20091002_sgonlinediary008.JPG 20091002_sgonlinediary010.JPG

 さらにローマ広場を東へと進んでみますが、これ以上の施設、NPCは残念ながら無し。何かの施設になりそうな建物はいくつか見えましたので、今後のバージョンアップに期待したいところです。

20091002_sgonlinediary011.JPG

 さて、東の探訪が終わったところで、次は西へと進んでいきます。すると、最初に見えましたのは「羅馬兵営」。ここさえあれば兵士が死んでも安心です。

20091002_sgonlinediary012.JPG 兵営の主は、凛々しい女戦士殿でした。しかも倉庫のおじいちゃんみたいにツンケンしていません。
 兵営自体の使い方や機能は、中国内の兵営と同じですね。

20091002_sgonlinediary013.JPG

 兵営よりさらに西へと進みますと...。でかい! デカイ建物発見!
 もう一目見ただけで分かりますね。ローマと言えば神殿とこれ、コロッセオであります。
 コロッセオ前には「競技場警備員」が居るものの入り口らしきエリア移動ポイントはありませんので、早速話しかけてみます。

20091002_sgonlinediary014.JPG 20091002_sgonlinediary015.JPG 20091002_sgonlinediary016.JPG

 おおっと、ここで復活地点の指定が可能ですね。......む、私のゴーストが「ここで復活地点を指定しておけ」と囁きます。私はその指示に従い、とりあえず復活地点を設定。中国に帰るときは「成都転送巻物」を使う事にしました。
 復活地点を設定しましたら、早速「競技場に転送する」をクリックして競技場内へ。

20091002_sgonlinediary017.JPG

 こうしてたどり着きましたのが「競技場休憩所」。お帰りの際に話しかける「羅馬侍官」と、恐らく競技場へ通じているエリア移動ポイントが確認できます。

20091002_sgonlinediary018.JPG 20091002_sgonlinediary019.JPG 20091002_sgonlinediary021.JPG

 さらに羅馬侍官の左側には倉庫と兵営が、右側には市場までありまして、戦闘の準備はここで十二分に整えられるようです。

 では早速競技場へと乗り込んでみますか!

20091002_sgonlinediary023.JPG 20091002_sgonlinediary024.JPG

 かくして、出迎えてくれたのは羅馬倉庫のおじいちゃん......にソックリな「羅馬獨裁者」なる人物。ここでは、アップデート時の予告にもありました「コロッセオ戦」とやらに関する諸々の手続きが行えるようです。
 ちなみに、コロッセオ戦とは、闘技場戦と似たシステムではありますが通常の闘技場戦とは異なり、軍団対軍団のバトルになるとの事。対決の際には各軍団が様々な物品や金を「賭ける」ことが出来る様で、もちろん賭けたモノは勝った軍団の総取り。これはなかなか面白そうです。そして参加申し込みは......ぐは。軍団長のみ可能との事。残念。参加は出来そうにありません。
 し、しかし、コロッセオ戦のもう一つの売りがありまして、我々部外者でも軍団の勝ち負けを予測し、賭けを行う事が出来るのですね。うん、こっちなら参加できそう。
 早速対戦カードを見てみ......。

20091002_sgonlinediary026.JPG 20091002_sgonlinediary025.JPG

20091002_sgonlinediary027.JPG うーん。これは、参加者が、いない?
 履歴を見ても、使用された形跡はさっぱりありません。
 残念な事に、今ひとつ盛り上がっていないようですね。まあ、ローマまでの距離はかなりのモノですし「いっちょ戦ってみるか」と気軽に参加は出来ないわけで、仕方がない、のでしょうか。

 こんなイベントがやっていた時期なら、コロッセオ戦を体感できたのかも知れませんが......。私が遅すぎたか。無念です。

・せっかくだから俺は、このローマ兵たちを紹介するぜ!

 さてさて。ローマコンテンツ紹介もコレで終わり......と言いたいところですが、まだまだ紹介できる所が残っております。
 そう、ローマ地域一帯に配置されています、中国・西方の敵と明らかにデザインが異なる、ローマ兵の皆様方です。さらに、ローマの西側のエリアもまだ探索していませんでしたね。
 ここまで来たからには、全部紹介してしまいましょうか!

 と言うわけで、まずはローマ広場から外に出まして、ローマの敵を紹介。

20091002_sgonlinediary028.JPG 20091002_sgonlinediary029.JPG 20091002_sgonlinediary030.JPG

 広場入り口付近にいましたのは、「ローマ騎兵」「ローマ百夫長」「ローマ司祭」。
 ローマ司祭は女性ですね。なかなかの軽装でドキドキです。

20091002_sgonlinediary031.JPG

 さらに進むと...おおっといきなりボスです。高レベル帯の高レベルなボスだけあって、なかなか高レベルというか堅そうな馬に乗っています。もちろんこんな強そうな敵にここまで肉薄した私は......。

20091002_sgonlinediary032.JPG
はい。いつものように、死に様をさらす事に。

20091002_sgonlinediary033.JPG 20091002_sgonlinediary034.JPG

 死にながら周囲を見てみますと、ボスの取り巻きの皆さんは「精鋭」の頭文字を関していますね。実に強そう、と言うか非常に強かったです。もちろん、精鋭ではない「ローマ重剣士」「ローマ標槍手」ももちろん居ます。

 ちなみにローマエリアのボス達は、独特なデザインの装備などをドロップするうえ、このエリアでしか入手出来ない武将技もドロップするようです。
 ローマ実装時に同時に登場した

猛将:羅刹の盾
豪傑:行軍強化
軍師:白虹
方士:七星天命

 上記武将技は、ローマエリアに出現するボスのドロップアイテムである可能性が高そうですよね。
 ローマのボスを倒せるだけの等級に到達できたら、是非狙ってみたいところです。

20091002_sgonlinediary035.JPG
さて、続けてローマ兵の皆さんを紹介したいところですが......アッー!

20091002_sgonlinediary036.JPG いきなり、と申しますか不用意に突っ込んでしまったため、ニゲル将軍に軽く轢き殺されてしまいました。
 この将軍、実にカッコイイ古代戦車、すなわちチャリオットに乗っておりますね。このようなボスのデザインからも、ローマテイストをバリバリ感じて頂ければ幸いです。相変わらず私は死に様にて失礼しております。

20091002_sgonlinediary047.JPG チャンネルを変えて再度西域への進行を試みますが、変えた先では入り口にボスが張っておりまして速攻で括り殺されました。せっかくですので「精鋭ローマ闘士」の写真を一枚。ものごっつい格闘用武器が印象的です。パタ、いや、カタールでしょうか。

20091002_sgonlinediary037.JPG

 もう一度チャンネルチェンジをして、どうにかローマの西端に到達。ここからいよいよローマ西境です。

20091002_sgonlinediary038.JPG 20091002_sgonlinediary039.JPG

 ローマ西境は、基本的にローマ市街と同じ敵が出現しているようです。

20091002_sgonlinediary040.JPG

 西境の西端より先はまだ未実装らしく、木製のバリケードで封鎖されていました。

20091002_sgonlinediary041.JPG 西を探り尽くしたなら次は東に進むしかない! と、来た道を逆進しローマ東境に。ここには百夫長や闘士型の敵に加え、女性型の「ローマ舞姫」が登場。踊子系のイイ転職令を落としてくれそうな気配です。

20091002_sgonlinediary042.JPG 20091002_sgonlinediary043.JPG 20091002_sgonlinediary044.JPG

 ローマ東境よりエーゲ海に入りますと「ローマ踊子」「ローマ戦士」「ローマ弓兵隊長」といったローマ市街よりは幾分弱そうな敵が出現する様になります。まあ等級60の私からしてみればどなたも十分お強いのですが......。

 このあとカフカズ山脈にも行きましたが、敵のデザインに大差はなく、

20091002_sgonlinediary046.JPG

 ばったり逢った将軍リキニウスにあっけなく轢き殺されましたので、コレにて調査終了と相成りました。
 ああ、このチャリオットに乗りたい。

 さて、これにて概ねローマコンテンツを回り終えたわけですが、全般的な感想を申しますと...。

 とにかく等級が足りない、全く足りてない!

 この一言に尽きると思います。しかし先にも書きましたとおり、等級が足りなければ足りないなりに、楽しい(?)遠征となりますので、私くらいの等級でおっかなびっくりローマを目指すのも、またアリかと。
 しかし残念ながら、等級が低い場合、ローマに到達したとしても、敵を撃破して楽しむ事は難しい状況になるかと思います。個性的な敵、個性的なボスとやり合えてこそ、ローマコンテンツの面白さを満喫できるというモノ。最低でも等級80?90くらいまで上げた後、挑んだ方が良いようにも感じました。

 さて、ええと、ここで〆ると結構綺麗にまとまる気がしましたが、実はあと1回ほど日記を書かせて貰えたりする予定です。まあでも、ローマを目指してローマで終わらないって言うのも、実に私らしい行き当たりばったりな日記ではないかと思うわけでして...。
 次回は、実は9/15に結構大きめなバージョンアップが行われていたぞ! と言う事で、アップデートで追加された仕様のうち、体験できるモノに挑戦したいと思います!

三国郡英伝ONLINE
大型アップデート「羅馬行軍」実施!ただいま初心者応援キャンペーン実施中!

??続??

三国群英伝 ONLINEへ
キーワードで探す
ゲームPC・ソフト通販
人気のゲーム記事